読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

違法ポテチ製造で男逮捕!?

 

f:id:HateBuro:20170421202208j:plain



自宅でポテトチップスを密造したとして、千駄木署は16日、豊島区の会社員・寺田一史容疑者(38)を芋類取締法違反(闇ポテチ)容疑で逮捕した。

逮捕容疑は今月17日、自宅でジャガイモ約150グラムを薄くスライスして高温の油で揚げた疑い。家宅捜索ではジャガイモのほかに海苔塩やコンソメ粉末なども見つかっており、警察では「味をアレンジして楽しんでいた可能性がある」として追求する方針だ。

ジャガイモ不足で各メーカーの合法ポテトチップス製造が休止する中、密造による逮捕者は今月8人目。ジャガイモを厚めにスライスしてフライドポテトに見せかけた「脱法ポテチ」が氾濫し、違法な取引が行われる「ポテチ窟」も摘発が追いついていない。

15日には菓子問屋が襲撃され貴重なポテトチップスが奪われる「ジャガイモ騒動」が発生。世界経済流通研究所(ベルギー)は、「日本はポテトチップス不足による経済的混乱が治安悪化を招いている」として、現状を「オイルショックに匹敵するオイモショック」と表現した。

ある捜査関係者は「ポテトチップスは中毒性と依存性が高い」と乱用の危険を指摘した上で、「ポテトチップスが無いならサツマイモの揚げたヤツを食べればいいのに」と話す。警察では4月を「闇ポテチ撲滅月間」として一層の取り締まり強化に臨む方針だ。